久しぶりに書こうと思ったのにまたPCネットに繋がらない

ので、スマホで書いてます。

お久しぶりですね。すっかり飽きて忘れていました。わっはっは。

というよりは忙しかったです。勉強と色恋にうつつを抜かしておりました。

色恋といっても相手は俳優なので“ガチ”ではないのですが。全てフィクションです。

は?全てリアルだから。ふざけないで。

 

書かなかった間に考えたことを書きますと、

以前フォロワーに「可愛げがない」と言われたことがあったのですが、

もしかしてあれは褒め言葉だったのか?と今になって気がつきました。フフ。ありがとうありがとう。

とは言え、今になってやっとそこに思い至ったので可愛いのですが。

 

あとはGame of Thronesにハマりました。

今シーズン3かな。

なぜ観始めたのかと言いますと、mbtiの性格診断で私に似ているキャラクターがどういう人か気になったからですね。

あとはフォロワーが見てたから。

私と同じINTJのキャラクターの一人、タイウィン・ラニスターはフォロワー曰く「やべえやつ」ですが、今のところヤバみは感じていません。さほど。

というかあのドラマ見てると麻痺してくる、色々と……。

私はタイウィンの息子のティリオン・ラニスターが初登場の頃から大好きなのですが、

それは彼が賢く、優しい男だからなのですよね。

ただし、彼が賢いのは、彼が「ラニスター」だからであり、

彼が優しいのも、彼が「ラニスター」だからだと思います。

いや、まあこの2つにも関係性があるので一概に「ラニスター」だけが理由になるわけではありませんが。

 

好奇心と悲しみは脳の同じ部位が司る、と何かで見た気がしますが、これはソースが定かではありません。

でも、学習して視座を養えば、その分物事の色々な面が見えてきて、他者を想像し慮ることが容易になることは疑う余地がないでしょう。

ティリオンの優しさはそういう優しさで、ティリオンの賢さはそういう優しさを背骨にした賢さだと思います。それでいて、彼は聖人ではない。そういうところが好きです。ティリオン・ラニスター。

 

タイウィンもティリオンも賢い人だけれど、決定的に違うのは思考のスタート地点ですよね。

タイウィンは終わりから、ティリオンは目の前から始めている、そんな感じがする。

 

 

それはそうとサンサ・スターク、私は彼女のことがどうしても好きになれない。

何も知らない!何も見ようとしない。いや、観察をしないという意味では他の人もそうですが、彼女は特に。

彼女の境遇はもちろん彼女一人の責任ではないし、どうしようもないこともたくさんあったでしょうけど、

でもやっぱり彼女は無知すぎるし、無防備すぎるし、考えなさすぎる、と思ってしまいます。

傲慢な人間なので、彼女のために怒っているような部分もあります。

もし彼女がもう少し、その高貴な生まれが何を意味し、何を背負っているのかを理解していたなら、彼女はいくらか息がしやすかったのではないかなと思う。

 

それはそうと、傲慢で編まれた服があったら着てみたくないですか?絶対似合うと思うんですよね。私(?)

これは一昨日書いた文章ですが、なんだか可哀想になってきたので上げます。

煙草、出会い系アプリ、タトゥー、ピアス、エトセトラエトセトラ。

わたしは自分がどうしてそれに惹かれるのかわかっているつもりだし、それに手を出した後、わたしが得るものについても、多分理解している。

たすけてほしいなって思うとき、自分の中でのそういうバランス感覚みたいなもののぐらつきがわかる。それで、怖くなる。

勉強は一番手軽にそこから目を背ける手段で、本を読めば読むほど、頭の中をいろいろなことでいっぱいにすればするほど、バランスが保たれるのが手に取るようにわかる。

わたしはこの、自分の弱さみたいなものを直視することが正直だいきらいで、自覚があるからこそ、考えないようにしている。考えないようにしているから、いつも考えている。

 

目を背けないでいられるくらい、強くなりたかったなと思う。

こんなことを考えているからダメなんだと思う。

最近友達がハマっているからジョジョの話をすることが多いんだけど、父親の影響で保育園?小学校?それくらいの年齢からジョジョがすきだったので、わたしにとってはあれは多分、自分の真ん中あたりに大事にしまい込んだ精神なんだと思う。

わたしがバームクーヘンだったら、まあ多分、中から数えて3層目くらい。

強くて、弱くて、それでも立っていられる人になりたかった。

本気で死にたいと思ったことってないんだけど、多分。あったとしても忘れている。

まあそれは、私が運とタイミングに恵まれているからで、死にたくなるような状況も、出来事も、経験していない甘ちゃんだからだって言われたら、まあ否定はできないんですけど。

でも、ジョジョの影響も多分あるんだと思う。わたしは、最後によかったと自分の人生を肯定して死にたいという気持ちが強いから。自分でこのゲームを降りる選択肢は今のところ表示されていない。

 

歩きながら、息をしながら、イメージをしている。いつも。

うつくしい存在になりたかった。抜き身の刃みたいな。ワタリガラスとか、オオカミとか。そういう、つめたくて、うつくしくて、寂しくて、幼くて、老成した雰囲気のことを、わたしは殊更愛していて、だからそういう存在になりたい。

そのためにわたしは、バランス感覚を失うことはできないんだと思っている。

何を書いているのかわかんなくなってきたな。そういう気分だったので。すみません。

 

以上、一昨日書きなぐってから出かけたら更新されてませんでした。かわいそう、この日のわたし。

今日はバカ野郎に意味わかんない話をされて帰ってきたのでもうだめで~~~~~~~~~~~すびよんびよんびよ~~~~~~~~~~~んところでインスタに写真上げたら友達がスパムの真似してコメント送ってきて、まあそれはノリでウケてたんですけど、

わたしのことが嫌いな女(コメントしたやつとは知り合いでも何でもない)、そのコメントだけにわざわざいいねつけてて露骨すぎて笑ってしまった。

全身でわたしのことを嫌いだとアピールしているのか?愛せるな。嘘で~~~~~~~~~~~~~すうっざいよマジで爆笑

 

zombies

ひさしぶりですね。

前回何を書いて、何を書こうと思っていたのか、もう忘れてしまいました。過去は振り返らない主義なので(大嘘です)見返していません、思い出せません。

ところでしばらく触っていなかったんですがPCのchromeのデザインなんかすごいことになったんですね。

かわい~~~~~~~~~~。

 

 

ねむい~~~~~~~~~~~~~~~~~

そういえば先日終わりましたよ。ここでも何回か書いたセクハラの件がね。

釈然とはしませんでしたが。まあわかっていたと言えばそうですけど。

でも結構ショックで、七ヶ月も頑張ったのに…と結構気分が塞いでいて、体調も悪くなるし大変でした。

ここだけの話、話し合いの最中に泣いてしまったんですが、悔しくて泣いたのか、悲しくて泣いたのか、それとも泣いたことが悔しいのか、それを見越してメイク道具をきっちり用意してきたことが悔しいのか、もう訳が分からんな、とぐちゃぐちゃな気持ちでした。

しかし、誰も興味がないだろうこともわかっているし、わたし以外の当事者のプライバシーにも配慮しなければならないらしいので、人にもなかなか話せず。

たすけてくれと言うのも怖くて、平井堅の「魔法って言っていいかな?」を聞いては救われたような気持になって泣いていました。

犬に会いたかったな。ほんとに。

まあ、わたしには魔法をかけてくれるような相手はいないので、いつまでも立ち止まっているわけにもいかないんですよね。

勉強をするとよくなることに気が付いたので、勉強をしようと思います。本は百薬の長。

 

 

しかし、勉強をしようと思って気が付きましたが、自分の言葉で話したり考えたりすることは、本当に難しいことですよね。

わたしは自分がきちんと自分の頭で考えることができているとは到底思えなくなってきました。

先日観た舞台psycho-passで、哲学的ゾンビの話をしており、観劇後ネットでも調べて色々読んでいましたが、いやしかし、「皆さんは自分のことを哲学的ゾンビだと疑うことはないでしょうが…」と書かれているもののなんと多いことか。

わたしは少なくとも、自分のことは哲学的ゾンビと呼んでも差し支えないと思えてきました。

それくらい、考えることができていないような気がします。

はー恥ずかしい。恥ずかしいねえ…みんなもっと早くこれに気が付いていたの?教えてよ…。

 

 

そういえば、この前Tokyo Rainbow Prideに行ってきました。

もともと友達と行く予定だったんだけど、直前に知り合った人に誘われてみんなでいくことになって、初対面の人とかもいたんですけど、

LGBTのなに?」って聞かれるんですよね。

いや別に、アライでーすって答えても怒られたりしないし、たぶんそれでいいんだと思うんですけど、

なんとなく、どうやって答えるのも嫌で、どうしてなのかな、どうしたらよかったのかなって考えている。

多分、大事なのはカテゴリーではなくてスタンスだと思っているからだと思うのですが。

結局「いや、二人ともわからないんです、でも興味があって、お互いにそれは知っていたから、一緒に行こうって約束していて」って言いました。

そうしたら、結構オープンに興味持ってる、とか言うんだね、私たちの時代では考えられない、とか、色々教えてもらいました。

変わってきているんだな、と思いました。それがいいか悪いかは、今はわからないですけど。きっといい方向なんじゃないかなと私は思っています。

ただ、変化を嗅ぎ取ることができる人間は少ないんだろうなとも思います。その認識のずれは、結構重要な問題になってしまうのではないかな。わたしもどこかでの変化の匂いは感じられていないんでしょう。そしていつか、今感じている場所の匂いもわからなくなってしまう。

どうにかできるといいのにね。世界は、皮膚から10センチの中にしか存在しない。

 

ねむい。

フォロワーにも両親にも、最近傾倒しすぎじゃない?と言われるんですけど、そうなのかな。そうなのかもしれないです。でも、わたしが傾倒したのが女性学じゃなかったら?CSじゃなかったら?同じことを言われたのでしょうか。

そういうことを考えていたような気がします。

来週のためにnoteの方も更新しないといけません。そっちは多分、理想の暮らしについてかな。

正直思いつかないんですけどね。引き出しがないので。考えます。それか、哲学的ゾンビらしく、インプットをします。

 

キッド様のこと考えてニチャつきながら歩いてたらナンパされてワロタ

キッド様になってから出直せ

 

 

劇場版名探偵コナン紺青の拳!君はもう見たか!?

早く映画館にいけ~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!私も行きたい

なんで私の家は映画館じゃないんだ???????????TOHOシネマズ新宿がわたしの家だったのでは…???そんな気がしてきた………。

 

いややばかったですよ映画。ほら早く見に行って。

まずね、キッド様の映画にはずれはない。わかる?

これはマジな話なんですけど、歴代コナン映画の中でキッド様が出てきた映画はだいたい面白いんですよ。

ていうかキッド様、キッド様めっちゃえっちだったわ。かっこいい、無理、そん…そ…そんな顔するな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!かわいい!!!

まずいつものオープニングからマンモスかっこいいからね今年は。キッド様のおかげです。ありがとうキッド様。

キッド様と江戸川様がタッグ組んでるのマジで脳溶けちゃうかと思った、ホントもうね~~~~ッ!ダメよ!そういうことしちゃ!キーッ!嘘大好き

予告でさあ、「暴いてくれよ名探偵…」みたいなセリフあったと思うんですけど、

本編はあれの数倍えっちっちです。そして気が狂う。キッド様そんな表情もできるんですか?素晴らしさの引き出しが多すぎるのでは?

 

ていうかキッド様の映画ってだけでもう昨日は朝から緊張していて、エンドレスでBLUE SAPPHIRE聞き続けたんですけどあれ最高のイメソンじゃない? 作詞家に五億円あげたい。ありがとう!

エグザイルの人へ 頼むから紅白で歌って

マジ朝から浮かれててmiracleとかいう名前の香水までつけて家出たからねわたしは。

そしてシンジュクを俺がブルーサファイアだぞ見たいな気持ちで闊歩し、

映画館でポップコーンセットを買い、緊張のあまり手が止まらなくて映画が始まる前までに半分食べ終わった。

でも映画中にふっと冷静になったけど、本当に欲しい宝石じゃなかったら返却されてしまうのでブルーサファイアになってもどうしようもなかった。

後半おもしろいのとなんかよくわかんない緊張がすごくて、左腕つかんで爪を立てながら見てしまった。痛かったね。

 

蘭もよかったし、なにより園子がめーーーーちゃめちゃ可愛かった。これはマジ。

わたしは絶対京極さんとは付き合えないなと思った。やっぱ園子じゃなきゃだめだね。

 

はやく拳見に行きてえ、あと五億回みたいな…これは比喩ではなく…。拳、生きる活力。

 

ポンコツ~ウォウウォウイエー

タイトルは何の関係もないです。

書こう書こうと思って、でもなんとなくかけなくてブログを書いていませんでした。

 

 

この前、ヘルマン・ヘッセの『デミアン』を読みました。

読む人によって、かなり表情を変える本なのでは、と思ったのですが、広く受け入れられているということは、

わたしがいままで思っていたよりもたくさんの人が、概念だとか、言葉だとか、善悪だとか社会だとかについて、考えながら生きているのでしょうか。

なんにしろ、自分以外の任意の誰かになって本を読んでみたいと思ったのは初めてかもしれません。

 

認知の歪みがひどいって言われた話するね。

マジこういうことブログで書くことがどうかしているとは思うんですけど、

どうかしているんだとおもいます。すみません。

Instagramのストーリーで友達が「マジマブ。ほんとソウルフレンド。大学嫌すぎる。」みたいなこと言いながらラインのスクショ貼ってて、

なんやね~~~んと思って読んだら、

「明日から学校嫌すぎてだめだ、〇〇も嫌だよね?〇〇ならわかってくれるでしょ?」

「いやに決まってる、大学焼きたい」

みたいな会話だったんですね、

それ見て(どうかしてるから)すげーーームカついてきちゃってツイートしたんですよ。

じゃあ大学辞めればいいじゃんって。

 

多分こう…共感能力が低いのか使ってないのかわかんないけど、

所謂、男性脳女性脳みたいなのあるじゃないですか。

女性は共感を求めていて~みたいなやつ。

わたしは自分のことについては共感も解決策も両方欲しいけど、

他人のこととなると解決策を提示することしかしなくなる節があるんですよね。

大学嫌だ!→大学やめれば?といった具合にね。フフ。フフじゃね――――んだよな。

 

しかし

打ち殺すのはいちばん簡単だが、そういうことにかけては、いちばん簡単なことがいつでもいちばんいいことなんだ。

ですよ、デミアンも言ってた。

学校始まるの嫌だって思ったことがないからそういうこと言うのかもしれないです。楽しみだものいつも、退屈が終わるのはいつだって。

休みが終わるのは嫌だ、ってのはわからなくもないけどね。

生存者バイアスの女って呼んでもらっても構わないですよ。ホラほんとこういうとこ。こういうとこですわ。

 

あとはまあとにかく、わたしが一番いやだったのはストーリーでアピールされたことなんですよね。あと特別なうちらみたいな感じ出されたこと。

そうじゃなきゃ、単純に学校嫌だ~ってだけでは何とも思わないもん、多分、多分ね…。

 

 

認知ゆがんでるっていわれたらそうなのかも、ていうか他人のことだし別にどうでもいいと言えばどうでもいいわけで、

まあそういうこと言いだしたらわたしの認知の歪みも他人のストーリーへの感想もみんなにとってはどうでもいいんでしょ?

こんなブログで長々と書くようなことでもない。お付き合いいただいてすみませんありがとうございました!

認知が歪んでるってわかんないな、ここまで書いてもわからなかった。まあ自分で判断出来たらゆがんでいるとはいわないのか。

ていうか朝起きてTwitter公式みたらTwitterがこの件についてのフォロワーのツイートを真っ先に出してくるのが悪くない? たぶんこのブログを書いているのもわたしが悪いわけじゃないな。これは認知の歪みです。自覚があるから違います。

 

 

別に誰かを攻撃して生きていきたいわけじゃないけど、

ちょっとでもなにかきっかけがあるとすぐに噛みつくというか、自分の見解を披露しようとする癖はやめた方がいいんじゃないかと私も思っています。

でも20年過ぎてしまったしもう後戻りは難しい。三つ子の魂百までと言いますからね。

 

 

ホントは全然違うこと書こうと思っていたのにこんなこと書いてるし、やっぱりわたしの性根は、昔母に言われたように曲がりに曲がって腐りきったものなのかもしれないですね、いやそれにしても高校生の娘になんて言葉をかけるのですかね、わたしじゃなかったらどうなっていたことか。

いやそれにしても、全然関係ないんですけど、最近全然髪が伸びない。春だからかな?

タイトルも何の関係もないです。わざわざ書いたけどいつものことです。

仕方ない

突然死したらさあ、どうなるかな。

見つけてもらえるのかなその場合何日後に見つかるかな?

わたしのスマホ、顔認証なんですけど死んだらもうスマホのロック解除できないじゃん。

友達には葬式の連絡どうやってするんだろ?

でも親にパスワード教えたくないじゃん?どうする?

あと自分の持ち物とかどうなるのかな。漫画とか本とか同人誌とか円盤とかさあ、たくさんとは言わないけどあるんですけど…あの…名…偵コ…ンの同人誌は特定のカップリングだけ従姉にあげてあとは京都にいる親友に送り付けてもらっていいですか?

本と円盤と漫画は、そうだな、えーとさあ、わたしの葬式でフリーマーケット開催したい。もらってってほしい、嫌かな。わたしの念付き推しの出演作の円盤0円。お買い得です。

死んだら一斉に連絡行くシステム作ってほしい。

 

 

最近ね進路のことをまたちゃんと考えよ~…と思って考えてるんですよ。

ところで過去のブログでフェミニズムのこと書いたと思うんですけど、今読み返すとあまりに理解が稚拙でわらってしまいますね。でも恥ずかしい記憶も残しておいた方がいいかと思って削除していません。偉い。

 

そう、わたしジェンダーやらセクシュアリティやらの話を研究するつもりなんですけど、

なんでそれやりたいのかなーって思ったら、多分あれなんですね。

わたしはもともとスティグマに興味があるんだとおもうんですよ。

それを解消したい、それがどうやって生じたのかが知りたい。それによって不利益をこうむるひとが少ない方がきっといいと思う。

スティグマの発露の一番手近な例が、わたしにとってはジェンダーセクシュアリティの話だったのではないかと今では思います。

 

でもね、こう…そういう気持ちでスタートすることってどうなんだろう、とも思う。

「正義」を「嫌い」を履き違えちゃってないかとか。そういう使命感?正義感?わかんない、これがそう名付けられてしまうものなのか。

わからないけど、きっと思い上がりがあるのは確かだし、でも驕りを抜きにしてなにかをしようとする人はいるのかな、驕りがあったらほんとにしちゃいけないのかな、って考えていました。

まあ、よくはないな。少なくとも自覚していなかったのは反省しています。

驕りがあったらしちゃいけないのかな。

当事者じゃないと声を上げづらい話題ってあるじゃないですか。それこそスティグマに関連していたりすると思うんですけど。

当事者じゃないと言ってはいけないこと、当事者の総意の仮面をかぶってはいけないこと、って言うのはもちろんあって、多分、それはたくさんあるんですけど。

でも、当事者じゃなくても言っていいことってのももちろんあるし、当事者じゃないからこそできることっていうのもあるはずで。でもちょっと、声が上げづらかったりする気がする。上から目線になっちゃったりするし。怖いね。

あと、当事者じゃないけど~って言った瞬間に、自分にも、「当事者」にも、それ以外の人にも、それぞれ別に線が引かれてしまう感触がして苦手です。

 

 

 

たぶんPMSでここ最近ちょっと気分が落ち込んでて、

まあ具体的に言うと自分の性格ってゴミだな~って思っていたんですけど、

これをPMSのせいにしてしまうべきか、きちんと向き合うべきか微妙だなって思ってるし、

こういうところが性格を悪くしているゆえんだと思います。

こう、多分ひとに好かれない性格をしているんだろうなと思う、面白くもないし面倒くさいし。

でも仕方ないよねってしちゃう、しちゃうから性質悪い。でも仕方ないよね。

ohisashi

みなさんお元気ですか。

わたしは春休みに入りまして、好きな男の舞台を見に行ったり、バイトしたり、まあそういう感じでなんだかんだ毎日時間に追われて生きています。

自動車学校には全然いけていません。すみません。

 

 

 

 

最近好きな男にラブレターを書いてるんですよ、ファンレターともいうんですけど…まあ実際にはそうとしか言わないんですけど…。

でもその内容を見た人、揃って「ガチ恋の息吹が確かに感じられる」だの「重い」だの言うんですね、

やばくないですか?もっと言うとわたしはこの恋文に毎回香水をかけてから出している…激重ヤバ女だ…!逃げてくれ…。

 

ちょっと前に炎上してたっぽいんですけど、若手廃油界隈の知り合いがリア友しかいないせいで全く知らなかったし、

調べてホォー…と思ったけどなんかもうわたしはほぼ性欲で好きになってるようなもんなので特に何とも思わなかったしやっぱりヤバいのかもしんないすよね。

いや別にヤバくはないか。この場合のヤバいって言うのはまあ主に性欲大魔神かお前?みたいな意味です。性欲大魔神ではないからね。

 

 

あなんか書きたいことたくさん思い出してきました!脳が活性化~してるね~寝ろよ!オイ!

 

 

あのね、ちょっと前に友達と話してて、

その子が「興味関心のある分野がちょっと偏ってるから話ができる人見つけるのが大変だけど、最近出会えてたのしい(あなたとか)」

みたいなことを言ってくれて。

まあそれはそれで光栄なことではあるんですが、わたしはあんまり話をするのが楽な人と会話をしていると怖いなあと思ってしまうんですよね。わかります?感覚

井の中の蛙大海を知らず

とでもいいましょうか。それとも原理としてのカルトの方がわかりやすいですか?

テンポとか、考え方とか、知識とか、話をするのが楽ってことはある程度共通する部分が多いってことじゃないですか。

それは結局偏向に繋がると思うんですよね。だから怖い。

客観視しようと常に試みることができるならそれはいいのかもしれないんですけど、客観視したと思った自分が客観視できているかってわからないじゃないですか。

むしろコギト・エルゴ・スムですから絶対にその〈外〉は〈内〉なわけで。

友達はわかってくれませんでした。わたしは「感覚の違う人とはなしたい」といった手前、それを喜ぶべきなのか、かなしむべきなのかわかりませんでした。ただ少し、残念には思ってしまった。すまない。

 

 彼女とはある授業で知り合って、恐らく、その担当教授のことが好きな同志~みたいな認識をされているんですが、

その教授の講義の話をしても

「何言ってるのかよくわかんなくない?w」

とか言ってるし、

どんな本読んでるか聞かれたから、この本好きだった!読んだ?などと聞いたら悉く読んでいないし、

一緒に見に行った映画の字幕の「攪乱する」を「さくらんする」って読むし、

そりゃ教授の言ってることわかんないだろうなって感じなんですよね。

まああの…驕るのもよくないとは思いますが…同志などと言われるのは心外と言わざるを得ない…。

 

 

今日はこれでおわりにします。わたしは文章を書く練習がしたいのでこれからはもっとコンスタントに書きたいとおもいました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

おやすみなさい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!